カートをみる マイページ ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ


生活の木 アロマテラピー 天然石 小物・雑貨 プレゼント女性人気ランキング SALE

アロマオイル おすすめ人気ランキング | 生活の木


生活の木 アロマオイル おすすめ人気ランキング


★【生活の木】 アロマオイル おすすめ人気ランキング★


みんなが選んだ「生活の木」のアロマオイルのおすすめ人気ランキングです。迷ったらコレ!全種類揃えたい定番人気商品です♪

世界中のパートナーファームで採られた「生活の木」のアロマオイル(エッセンシャルオイル/精油)は、豊富な品揃えと、パーソナルユースにも業務用にも対応可能なサイズ展開で、幅広いシーンでお使い頂けます♪

※(公社)日本アロマ環境協会 表示基準適合精油おすすめポイント



アロマオイル おすすめ人気ランキング 第1位ラベンダー・フランス産

生活の木 アロマオイル ラベンダー 英文名:
学名:
分類:
抽出部位:
抽出方法:
原産国:
製造元:
サイズ:


香りの強さ
香りの系統:
香りのノート:
Lavender France
Lavandula officinalis
シソ科
花:葉
水蒸気蒸留法
フランス
株式会社 生活の木
3/10/50/100/1000mL
有機タイプあり


フローラル系
ミドルノート

人気NO.1 おすすめポイントおすすめポイント

アロマテラピーの原点とも言えるアロマオイル。爽やかで心を落ち着かせる香りは、不動の人気です♪

詳細はこちら

アロマオイル おすすめ人気ランキング 第2位オレンジスイート

生活の木 アロマオイル オレンジスイート 英文名:
学名:
分類:
抽出部位:
抽出方法:
原産国:
製造元:
サイズ:


香りの強さ
香りの系統:
香りのノート:
Orange sweet
Citrus sinensis
ミカン科
果皮
圧縮法
ブラジル
株式会社 生活の木
3/10/50/100/1000mL
有機タイプあり

中-強
柑橘系
トップノート

人気NO.2 おすすめポイントおすすめポイント

誰からも愛される瑞々しいオレンジの香り。 他のアロマオイルとブレンドしても相性が良く、リラックスタイムの室内芳香に最適です♪

詳細はこちら

アロマオイル おすすめ人気ランキング 第3位レモン

生活の木 アロマオイル レモン 英文名:
学名:
分類:
抽出部位:
抽出方法:
原産国:
製造元:
サイズ:


香りの強さ
香りの系統:
香りのノート:
Lemon
Citrus limon
ミカン科
果皮
圧縮法
イタリア
株式会社 生活の木
3/10/50/100/1000mL
有機タイプあり


柑橘系
トップノート

人気NO.3 おすすめポイントおすすめポイント

フレッシュで鋭い、瑞々しいレモンの香り。
気分をリフレッシュしたいときにおすすめのアロマオイルです♪

詳細はこちら

アロマオイル おすすめ人気ランキング 第4位ローズマリー・シネオール

生活の木 アロマオイル ローズマリー・シネオール 英文名:
学名:
分類:
抽出部位:
抽出方法:
原産国:
製造元:
サイズ:


香りの強さ
香りの系統:
香りのノート:
Rosemary cineole
Rosmarinus officinalis
シソ科
花・葉
水蒸気蒸留法
モロッコ
株式会社 生活の木
3/10/50/100/1000mL
有機タイプあり

中-強
ハーブ系
トップ-ミドルノート

人気NO.4 おすすめポイントおすすめポイント

すっきりとした中に、ほのかにハチミツのような甘さを感じる香り。 集中して仕事や勉強に取り組みたいときの芳香浴におすめです♪

詳細はこちら

アロマオイル おすすめ人気ランキング 第5位ユーカリ・グロブルス

生活の木 アロマオイル ユーカリ・グロブルス 英文名:
学名:
分類:
抽出部位:
抽出方法:
原産国:
製造元:
サイズ:


香りの強さ
香りの系統:
香りのノート:
Eucalyptus globulus
Eucalyptus globulus
フトモモ科
葉・枝
水蒸気蒸留法
中国
株式会社 生活の木
3/10/50/100/1000mL
有機タイプあり


樹木系
トップノート

人気NO.5 おすすめポイントおすすめポイント

スッキリとしたクリアな香り。冬の季節の室内芳香として、『ティートゥリー』と並び人気があります。 鼻がスッキリしない時に香りを嗅いでリフレッシュするのもおすすめ♪

詳細はこちら

アロマオイル おすすめ人気ランキング 第6位グレープフルーツ

生活の木 アロマオイル グレープフルーツ 英文名:
学名:
分類:
抽出部位:
抽出方法:
原産国:
製造元:
サイズ:


香りの強さ
香りの系統:
香りのノート:
Grapefruit
Citrus paradisi
ミカン科
果皮
圧縮法
アルゼンチン
株式会社 生活の木
3/10/50/100/1000mL
有機タイプあり

中-強
柑橘系
トップノート

人気NO.6 おすすめポイントおすすめポイント

スタイルを気遣う方から指示されているアロマオイル。 グレープフルーツを丸絞りしたようなフレッシュな香りが人気です♪

詳細はこちら

アロマオイル おすすめ人気ランキング 第7位ティートゥリー

生活の木 アロマオイル ティートゥリー 英文名:
学名:
分類:
抽出部位:
抽出方法:
原産国:
製造元:
サイズ:


香りの強さ
香りの系統:
香りのノート:
Tea tree
Melaleuca alternifolia
フトモモ科

水蒸気蒸留法
オーストラリア
株式会社 生活の木
3/10/50/100/1000mL
有機タイプあり

中-強
樹木系
ミドルノート

人気NO.7 おすすめポイントおすすめポイント

夏にも冬にもその力を発揮するアロマオイル。加湿器やアロマミストで冬の室内芳香に使ったり、スプレーを作ってキッチンのケアに使用したりと、用途は様々です♪

詳細はこちら

アロマオイル おすすめ人気ランキング 第8位ベルガモット

生活の木 アロマオイル ベルガモット 英文名:
学名:
分類:
抽出部位:
抽出方法:
原産国:
製造元:
サイズ:


香りの強さ:
香りの系統:
香りのノート:
Bergamot
Citrus bergamia
ミカン科
果皮
圧縮法
イタリア
株式会社 生活の木
3/10/50/100/1000mL
有機タイプあり

弱-中
柑橘系
トップノート

人気NO.8 おすすめポイントおすすめポイント

甘い香りのオレンジと比べ、ビターで深みのある大人っぽい印象の香り。 落ち着いた香りが硬くなった心をほぐしてくれます♪

詳細はこちら

アロマオイル おすすめ人気ランキング 第9位ペパーミント

生活の木 アロマオイル ペパーミント 英文名:
学名:
分類:
抽出部位:
抽出方法:
原産国:
製造元:
サイズ:


香りの強さ
香りの系統:
香りのノート:
Peppermint
Mentha piperita
シソ科
全草
水蒸気蒸留法
フランス
株式会社 生活の木
3/10/50/100/1000mL
有機タイプあり


ハーブ系
トップノート

人気NO.9 おすすめポイントおすすめポイント

なじみのあるミントの香りは気分をすっきりさせたい時に。
室内芳香としてだけでなく、マッサージオイルのブレンドとしてもよく使われます♪

詳細はこちら

アロマオイル おすすめ人気ランキング 第10位ゼラニウム

生活の木 アロマオイル ゼラニウム 英文名:
学名:
分類:
抽出部位:
抽出方法:
原産国:
製造元:
サイズ:


香りの強さ
香りの系統:
香りのノート:
Geranium
Pelargonium graveolens
フウロソウ科
全草
水蒸気蒸留法
エジプト
株式会社 生活の木
3/10/50/100/1000mL
有機タイプあり

中-強
フローラル系
ミドルノート

人気NO.10 おすすめポイントおすすめポイント

バラに似た香りを持ちます。 香りを楽しむだけでなく、手作り化粧品など、スキンケアにもよく使われます♪

詳細はこちら

アロマオイル おすすめ人気ランキング 第1位フランキンセンス

生活の木 アロマオイル フランキンセンス 英文名:
学名:
分類:
抽出部位:
抽出方法:
原産国:
製造元:
サイズ(mL):


香りの強さ
香りの系統:
香りのノート:
Frankincense
Boswellia carterii
カンラン科
樹脂
水蒸気蒸留法
ソマリア
株式会社 生活の木
3/10/50/100/1000mL
有機タイプあり


樹脂系
ベースノート

人気NO.11 おすすめポイントおすすめポイント

気持ちを穏やかにさせるほんのりした香り。 イエス誕生の時、東方の三賢人が贈りものにした香料樹脂♪

詳細はこちら

アロマオイル おすすめ人気ランキング 第2位ユーカリ・ラディアータ

生活の木 アロマオイル ユーカリ・ラディアータ 英文名:
学名:
分類:
抽出部位:
抽出方法:
原産国:
製造元:
サイズ:


香りの強さ
香りの系統:
香りのノート:
Eucalyptus radiata
Eucalyptus radiata
フトモモ科
葉・枝
水蒸気蒸留法
南アフリカ
株式会社 生活の木
3/10/50/100/1000mL
有機タイプあり


樹木系
トップノート

人気NO.12 おすすめポイントおすすめポイント

鼻に抜けるような、爽やかな香り。ユーカリグロブルスより穏やか♪

詳細はこちら

アロマオイル おすすめ人気ランキング 第3位イランイラン

生活の木 アロマオイル イランイラン 英文名:
学名:
分類:
抽出部位:
抽出方法:
原産国:
製造元:
サイズ:


香りの強さ
香りの系統:
香りのノート:
Ylang ylang
Cananga odorata
バンレイシ科

水蒸気蒸留法
マダガスカル
株式会社 生活の木
3/10/50/100/1000mL
有機タイプあり


オリエンタル系
ミドルノート

人気NO.13 おすすめポイントおすすめポイント


「花の中の花」という意味のエキゾチックな花。ハネムーンのベッドにこの花を撒くといわれるロマンチックな香り♪

詳細はこちら

アロマオイル おすすめ人気ランキング 第4位ローズマリー・カンファー

生活の木 アロマオイル ローズマリー・カンファー 英文名:
学名:
分類:
抽出部位:
抽出方法:
原産国:
製造元:
サイズ:


香りの強さ
香りの系統:
香りのノート:
Rosemary camphor
Rosmarinus officinalis
シソ科
全草
水蒸気蒸留法
スペイン
株式会社 生活の木
3/10/50/100/1000mL
有機タイプあり

中-強
ハーブ系
トップ-ミドルノート

人気NO.14 おすすめポイントおすすめポイント

刺激的でシャープなカンファー調の香り♪

詳細はこちら

アロマオイル おすすめ人気ランキング 第5位レモングラス・東インド型

生活の木 アロマオイル レモングラス・東インド型 英文名:
学名:
分類:
抽出部位:
抽出方法:
原産国:
製造元:
サイズ:


香りの強さ
香りの系統:
香りのノート:
Lemongrss
Cymbopogon flexuosus
イネ科
全草
水蒸気蒸留法
ネパール
株式会社 生活の木
3/10/50/100/1000mL
有機タイプあり


柑橘系
トップ-ミドルノート

人気NO.15 おすすめポイントおすすめポイント

グリーンなハーブをベースにしたフレッシュなレモン調の香り♪

詳細はこちら

アロマオイル おすすめ人気ランキング 第6位ローズウッド(葉)

生活の木 アロマオイル ローズウッド(葉) 英文名:
学名:
分類:
抽出部位:
抽出方法:
原産国:
製造元:
サイズ:


香りの強さ
香りの系統:
香りのノート:
Rosewood leaf
Aniba rosaeodora
クスノキ科
葉・枝
水蒸気蒸留法
ブルガリア
株式会社 生活の木
3/10/50/100/1000mL
有機タイプのみ


樹木系
ミドル-ベースノート

人気NO.16 おすすめポイントおすすめポイント

ウッディー調の中に、フローラルさとグリーンを感じる香り♪

詳細はこちら

アロマオイル おすすめ人気ランキング 第7位シトロネラ

生活の木 アロマオイル シトロネラ 英文名:
学名:
分類:
抽出部位:
抽出方法:
原産国:
製造元:
サイズ:


香りの強さ
香りの系統:
香りのノート:
Citronella
Cymbopogon nardus
イネ科
全草
水蒸気蒸留法
中国
株式会社 生活の木
3/10/50/100/1000mL
有機タイプあり

中-強
柑橘系
トップノート

人気NO.17 おすすめポイントおすすめポイント

軽い甘さがあるフレッシュなレモンに似た香り。古来、虫除けとしてキャンドルなどに使われてきました♪

詳細はこちら

アロマオイル おすすめ人気ランキング 第8位ユーカリ・シトリオドラ
(レモンユーカリ)

生活の木 アロマオイル ユーカリ・シトリオドラ(レモンユーカリ) 英文名:
学名:
分類:
抽出部位:
抽出方法:
原産国:
製造元:
サイズ:


香りの強さ
香りの系統:
香りのノート:
Eucalyptus citriodora
Eucalyptus citriodora
フトモモ科
葉・枝
水蒸気蒸留法
ブラジル
株式会社 生活の木
3/10/50/100/1000mL
有機タイプあり


樹木系
トップノート

人気NO.18 おすすめポイントおすすめポイント

レモンを想わせるような、爽やかな香り♪

詳細はこちら

アロマオイル おすすめ人気ランキング 第9位クラリセージ

生活の木 アロマオイル クラリセージ 英文名:
学名:
分類:
抽出部位:
抽出方法:
原産国:
製造元:
サイズ:


香りの強さ
香りの系統:
香りのノート:
Clary sage
Salvia sclarea
シソ科
全草
水蒸気蒸留法
ロシア
株式会社 生活の木
3/10/50/100/1000mL
有機タイプあり

中-強
ハーブ系
トップ-ミドルノート

人気NO.19 おすすめポイントおすすめポイント

クリア(澄んだ)を意味するclarisが語源。ハーブ系だが、やや甘いナッツのような香り。女性の為の精油♪

詳細はこちら

アロマオイル おすすめ人気ランキング 第10位ライム

生活の木 アロマオイル ライム 英文名:
学名:
分類:
抽出部位:
抽出方法:
原産国:
製造元:
サイズ:


香りの強さ
香りの系統:
香りのノート:
Lime
Citrus aurantifolia
ミカン科
果皮
圧搾法
メキシコ
株式会社 生活の木
3/10/50/100/1000mL
有機タイプあり


柑橘系
トップノート

人気NO.20 おすすめポイントおすすめポイント

かなり鋭い、苦味のある柑橘系の甘い香り♪

詳細はこちら

※香りの強さ、香りの揮発性、香りの系統等は、あくまでもブレンド時の目安としてご参照ください。

※アロマオイル(エッセンシャルオイル・精油)は農作物のため、時期により原産国が変更になる場合がございます。 また、ロットにより、精油の色調が多少異なる場合があります。予めご了承ください。

<ご使用上の注意>

●原液のまま肌につけたり、口に入れたりしないでください。
●使用後は必ずしっかりと蓋を閉め、直射日光、高温多湿の場所を避けて保管してください。
●お子様やペットの手の届かない所に保管してください。
●品質保持期限内にご使用ください。
●開封後は1年以内を目安にご使用下さい。(柑橘系精油は半年以内を目安にご使用下さい。)
●火気には十分ご注意ください。



生活の木 アロマオイル(天然植物精油)

【生活の木】 アロマオイル(天然植物精油) 商品一覧はこちら>>>


アロマディフューザー(芳香器) 生活の木

【生活の木】 アロマディフューザー 人気ランキングはこちら>>>


生活の木 商品一覧

【生活の木】 商品一覧はこちら>>>




◆生活の木とは?

『生活の木』は、ハーブある暮らし「ハーバルライフ」を提案し35年のハーブ・アロマテラピーの専門店です。 世界51カ国の提携農園から厳選したオーガニックハーブや精油などを販売しています。 全国の直営店のほか、ハーブガーデン、サロン、カルチャースクールなど、生活の中にハーブを取り入れる提案を幅広く行っています。 エッセンシャルオイルやアロマテラピーグッズはもちろん、その他、オリジナルソープなどをオーダーメイドできる化粧品工房、有機ハーブの量り売り、アーユルヴェーダのクイックトリートメント、アロマテラピーフェイシャルサロンなど、生活の木のショップではハーブとアロマテラピーの全てが揃います。


当店『STONE & EVER』では、「生活の木」から直接仕入れたアロマオイル、アロマディフューザー、ハーブティーなど「アロマテラピー関連商品(正規品)」に加え、「天然石アクセサリー」、「ヘアアクセサリー」など小物・雑貨をお買得価格でご提供しています! 女性へのプレゼントにも人気のアイテムを豊富に品揃えています♪

また、AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー、JADP認定パワーストーンセラピストが在籍し、みなさまの癒しのお手伝いをさせて頂いております。

ごゆっくりとオンラインショッピングをお楽しみいただければ幸いです。





アロマテラピーの楽しみ方♪

-----今日から始める、癒しの時間-----


アロマテラピーとは?

アロマテラピーは、植物から抽出したアロマオイル(エッセンシャルオイル/精油)を取り入れることで、「心と体のバランスと整える健康法」です。
疲れやストレスを感じた時はお気に入りのアロマオイルで香りを楽しむ事によってリラックスする事が出来ます。
お勉強や大切はお仕事には集中力を高める香りを活用しましょう。アロマテラピーは特別難しいものではありません。
季節、体質や体調に合わせて精油を使い分け、アロマライフをお楽しみください。

i.) 芳香浴

もっとも手軽なアロマテラピーはアロマランプを使った芳香浴です。
火を使わないので安全に楽しめ、長時間やわらかい香りが続きます。

【使用方法】
アロマポットの上部くぼみ部分に精油を2-5滴落として使用します。


ii.) アロマバス
アロマオイルの香りを鼻からの吸入と肌から浸透させる事が出来ます。
リラックスしたい時には38度前後のぬるめのお湯での入浴がおすすめ。逆に気分をリフレッシュさせたい時には40度くらいの熱めのお湯で早めに上がると気分爽快です。

【使用方法】
浴槽に張ったお湯に5滴までお好きな精油を落とします。
よくお湯をかき混ぜて入浴します。
※お肌の弱い方はアロマオイルを少なめにご使用下さい。
※アロマオイルの種類によっては刺激が強い為ご使用頂けないものがあります。


iii.) アロマスプレー
お部屋など気分を変えたい時にはスプレータイプがおすすめです。
持ち歩く事が出来ますので外出先や旅行先で寝付けない時にも活躍してくれます。

【作り方】
無水エタノール5mlを遮光スプレー容器に入れます。
精油を10滴加え、容器のフタをしてよく振ります。
よく混ざったら、精製水45mlを加えて容器のフタをしてさらによく混ぜます。
※1カ月を目処に使い切りましょう。





◆アロマオイルのブレンドの楽しみ方◆


香りに対する印象は人それぞれ異なります。アロマオイルは1種類だけでも楽しめますが、複数のアロマオイルをブレンドする相乗効果によって香りの魅力を高め、自分好みのオリジナルの香りを創ることができます。

ブレンドするときにアロマオイルの組み合わせや、量のバランスなどを調和するには、各精油の『香りの強さ』『香りの揮発性』『香りの系統』などの特性が参考となります。



1.香りの強さ


同じ一滴のアロマオイルでも、香りの強さは異なります。香りの強い精油と弱い精油を同量でブレンドしても、弱い精油はほとんど香りません。香りの強い精油は少なめに、弱い精油はやや多めにすることによって、香りのバランスを調整します。



2.香りの揮発(きはつ)性


アロマオイルは、アロマオイルに含まれる芳香成分の揮発性によって、「トップノート」「ミドルノート」「ベースノート(ラストノート)」と3つに分けられます。 揮発性は芳香成分の分子量や、分子間の相互作用の強弱によって異なります。ブレンドされた香りは芳香成分の揮発性が高いものから順番に飛んでいきます。そのため、時間と共に変化する香りを楽しむことができるのです。


i.) トップノート

ブレンドした香りの最初に立つ第一印象を作る香りです。揮発性が高く、香りは10分から1時間程度で消えます。


ii.) ミドルノート

ブレンドした香りの主役となる香りです。揮発性は中程度であり、トップノートに続いて30分から3時間程度香ります。


iii.) ベースノート(ラストノート)

揮発性が低く、重い香りに感じます。数時間から数日香るものもあり、ブレンドした香りを持続させるための保留剤としての役割もあります。別名ラストノートとも呼ばれます。



3.香りの系統

アロマオイル(エッセンシャルオイル/精油)の香りは、抽出した植物の香りや種類などにより、7つの系統に分けられます。


i.) 柑橘系(シトラス)

フルーティーで爽やかな香りです。スッキリとした香りの印象があり、老若男女に人気があります。柑橘系果実や、香りの成分が柑橘系果実に近い成分を持つハーブから抽出されます。


ii.) フローラル系(花)

甘く優しい花の香りです。エレガントな香りの印象があり、多くの女性に好まれます。主に花から抽出されます。


iii.) 樹木系(ウッディ―)

自然の木々の爽やかな香りです。まるで森林浴をしているようなすがすがしい気分になれます。主に樹木から抽出されます。


iv.) 樹脂系(バルミサック)

甘く重厚な深い香りです。揮発性が低いものが多く、長時間香りを楽しめます。主に木の樹脂から抽出されます。


v.) オリエンタル系(エキゾチック)

・異国情緒あふれる神秘的で個性の強い香りです。主に東南アジアや中東が産地の植物から抽出されます。


vi.) ハーブ系(薬草)

ほろ苦さとすっきりとした清涼感ある香りです。古来より、民間薬として利用されてきた薬草も数多くあります。ハーブの葉や種子から抽出されます。


vii.) スパイス系(香辛料)

料理で馴染みある香辛料の刺激的な香りです。他の系統とブレンドすることで、香りにアクセントがつけられます。主にスパイス類の種子から抽出されます。


※香りの強さ、香りの揮発性、香りの系統等は、あくまでもブレンド時の目安としてご参照ください。





◆アロマオイル(精油)の抽出方法◆


i.) 水蒸気蒸留法/Steam Distillation (直接法)

最も一般的に行われている抽出方法です。蒸留釜に芳香原料を詰めて、釜の底から水蒸気を吹き込んで原料を蒸します。原料に含まれる精油は揮発して水蒸気とともに立ち上り、これを集めて冷却槽で冷やすと精油を含んだ芳香蒸留水(フローラルウォーター)を採ることができます。最後に表面に浮いた精油を分離します。水蒸気を芳香原料に直接あてることから「直接法」とも呼ばれます。


ii.) 水蒸気蒸留法/Water Distillation (間接法)

ローズなど水溶性の芳香成分が多く含まれる精油を抽出する場合に、昔多く用いられていました。蒸留釜に芳香原料と水を入れて煮沸します。原料に含まれる精油は揮発して水蒸気とともに立ち上り、冷却槽で冷やして精油を含んだ芳香蒸留水を採ります。精油は分離器で分離されます。特にブルガリアンローズの場合は、フローラルウォーターにまだ微量の芳香成分が残っているため、コホべーション管を通じて蒸留釜に戻され、新しい芳香原料と共に再度蒸留されます。このやり方を「コホべーション(再蒸留)」と呼びます。この蒸留法は、水蒸気が直接、芳香原料にあたらないことから「間接法」とも呼ばれます。間接法は、直接法と比べて大量の水を沸騰させるため、燃料コストが高く、加えて水蒸気蒸留法の技術の向上により、現在ではあまり用いられません。


iii.) 圧搾法/Expression

柑橘系の果皮精油を抽出する方法です。圧力をかけるだけで簡単に抽出できるため、古くから手作業で採油されてきました。20世紀初頭は、果実を2つ割りにして、果肉を除いた果皮を圧搾機で絞って精油を採っていました。圧力をかける円盤にスポンジを取り付けていたところから、この方法は「スポンジ法」と呼ばれていました。 現在では、果実を機械で丸ごと絞った後、果皮精油と果汁を分離する方法がとられています。


iv.) 溶剤抽出法/Solvent Extraction

熱に弱い花等に使われる方法です。水蒸気蒸留法と比べて、より多くの芳香成分を抽出できます。溶出釜でヘキサンなどの揮発性溶剤に芳香原料(花)を漬け込み、芳香成分を溶剤に吸着させます。次に減圧揮発器で揮発性溶剤を揮発させると、芳香成分を含んだ固形ワックス(コンクリート)が採れます。このコンクリートをアルコールで溶いて芳香成分をアルコールに移行した後、−20から−30度で冷却してワックス分を結晶化して分離、最後にアルコールを除去してオイルを得ます。この方法で抽出されたオイルは「アブソリュート」と呼ばれています。また分離したワックスには微量芳香成分が残るため、クリームの原料として使われます。


v.) 油脂吸着法/Enfleurage:アンフルラージュ(冷浸法)

木枠に板ガラスをはめた窓枠のような道具(シャシー)を使って抽出する方法です。溶剤抽出法が確立される以前に南仏グラースで行われていた古典的抽出法です。シャシーのガラス面に精製した牛脂と豚脂を塗りつけて、芳香原料(花)を敷き詰めます。2から4日放置して芳香成分を脂に吸収させた後、脂をアルコールで攪拌し、芳香成分をアルコールに移動させます。最後にアルコールを揮発させてオイルを採ります。水蒸気蒸留法と異なり、温度をかけずに抽出できるため、主にジャスミン、チュべローズなど熱に弱い花の抽出に用いられました。この抽出方法は「冷浸法」とも呼ばれています。